等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

活動報告 2019/03/13 07:54

-個の支援から地域を見つめる視点が大切!-

-個の支援から地域を見つめる視点が大切!-

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木でございます。

 

平成31年3月12日(火)13:30~15:00迄、等々力庁舎1階活動フロアーに於いて『平成30年度 第4回等々力地区介護支援専門員(CM)連絡会』が開催され司会進行をさせて頂きました。

 

等々力地区の主任介護支援専門員・介護支援専門員総勢14名参加され事例検討を致しました。「認知症の利用者を地域でどう伝え、支えていくか」というテーマで個人ワークやグループワークをおこないました。グループワーク終了後、地域情報として「等々力の家料理教室」「やすらぎサロン」を参加者の皆様に紹介致しました。

 

 

一人の利用者本人の支援を大切にしながら、認知症利用者をどう地域で支えていけば良いのか、グループから様々な意見・提案があり勉強になりました。さらに、一人一人の利用者の人の暮らす姿を、みんなで共有していく事が重要だと改めて認識致しました。グループワークでは支援者それぞれの見極めのポイントが違ったりしますが、これからどう地域で支えて行くのか。介護の発想がどう変わっていくのか。グループワークで学んだ事を、等々力地区においても地域の人材とチームが結集し地域包括ケアシステムに向けた土台づくりにこれからも尽力して参りたいと存じます。

 

 

ページの一番上に戻る