等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/11/09 08:08

―☆ケアマネジメントの本質を指導中☆―

―☆ケアマネジメントの本質を指導中☆―

 

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木でございます。

 

現在、9月に入職した新人ケアマネジャーに対し、ケアマネジメントの本質について、昨日、私自身が開発したオリジナルシート(フェースシート・アセスメント情報シート、ストレングス抽出シート、橋渡しシート)使用希望があったため、オリジナルシート作成について、監査対策のようなケアプランになってしまわないように、行動面・認識面、以外にも、利用者の社会との係りやアイデンティティ-の部分に焦点を当て、真のニーズを捉えたケアプランの立案ができるようにアドバイスさせて頂きました。

 

さらに、アセスメントの方法論の一つに重視されるのがチームアプローチの視点です。利用者や家族、サービス提供事業者などの関係者が一緒になってシートの項目を埋めていく。それにより、利用者が望む生活のために必要なことや意欲を引き出すために必要なことが、過不足なくケアプランに盛り込まれることについても・・・。

 

本人のストレングスから組み立てた支援プランをケア関係者間で情報共有し、このシートには「本人を尊重した支援」という、『わたしの手帳』と共通する理念が貫かれています。

 

長谷川和夫監修 Dementia Support 2017 2nd掲載

ページの一番上に戻る