等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

活動報告 2018/07/03 08:08

―困難ケース(時間と手間がかかるケース)管理・分析を実施しています!―

―困難ケース(時間と手間がかかるケース)管理・分析を実施しています!―

「困難ケースとは何か」

 

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木です。

 

当法人居宅介護支援事業部では、独自に「困難ケース」=時間と手間がかかるケース(私の独自呼名)について指標を作成し毎月の実績報告にて集計(数値)し視覚化を図っています。

 

ただ、集計するだけでは、課題の解決までには至らず・・・。

 

当事業所では、基礎資格「社会福祉士」を保有している職員が私も含め2名(相談援助実習指導者資格保有)在籍しており、また、相談援助実習の受け入れ事業所でもあることから、「何が支援を困難にさせているのか」―臨床から得た、当事業所の支援困難事例を調査(社会基礎調査=量的調査)しつつ、個別支援を通し、地域課題、そして政策に至る課題と解決に向けて、少しずつではありますが掘り下げて分析を探っていっています。

 

そして「支援困難事例とは何か」―この問いに的確に答えることは容易ではありませんが、支援のヒントを臨床の現場から少しでも引き出したいと考えています。また、実習生の皆様にも、困難事例などにあたっての今後の学習課題等を認識できるように指導していきたいと思います。

 

 

ページの一番上に戻る