等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2018/03/07 14:19

―本人ミーティングを実施する意義と方向性―

―本人ミーティングを実施する意義と方向性―

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木です。

 

本人がよりよく暮らしていくための地域とのつながりづくりと実践的なチーム基盤づくりが全国で拡がりつつあります。

 

本日ご紹介する『本人ミーティング』は国の新オレンジプランや認知症総合戦略推進事業にも正式に明記され、全国の自治体や事業所などで『本人ミーティング』が具体化され拡がりつつあります。本人ミーティングはカフェやサロンとは異なり『本人同士で意見を出し合う』『地域にこういう場を作りたい』『もっと話を聞きたい』などと参加者が自由に意見交換をおこなう場です。

 

「本人ミーティング」をおこなうことで、私達援助者側の知らなかった利用者本人の「本音」を聞く事ができ、さらに利用者本人、サービス提供事業所などと一緒につくるアセスメント、ケアプラン、モニタリングなどケアマネジメントの一連の流れを利用者本人の思いに寄り添い一緒につくっていく事でケアマネジメントの視点が変わり、さらに、地域において個別支援を通しながら新たな住民主体の社会資源の創出やネットワークが形成されていくのではないかと考えます。

 

ページの一番上に戻る