等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/11/22 08:01

-ボトムアップによるまちづくり-

-ボトムアップによるまちづくり-

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木です。
 

地元人材の育成と実践的なチーム基盤づくりを通じながら、認知症の人の地域生活支援を行う取り組みが全国で広がっています。

 

地域包括ケアシステムが求められている今般、行政主導だけではなかなか難しいと感じています。寧ろ、行政は仕組みづくり、現場はそれを実行するための「土台づくり」を行えばよいのではないか。まずは既存の支援の輪を見つけだし、それを広がっていくことが大事であると考えています。結果的に、それが地域づくりになっていくのではないかと思います。

 

等々力の家は在宅・施設事業を展開しており、フィールドソーシャルワーク・レジデンシャルソーシャルワークが融合可能な事と町内会、民生委員、社会福祉協議会などともつながりがあります。今後、ボトムアップによる新たな独自の取り組みが生まれ、国、行政に対してソーシャルアクションを起こす事ができるのではないかと考えられます。

 

高齢になっても障害を負っても、すべての人が尊厳を保ち続けるために、我が町には何が必要なのか常に熟考しアクションを起こしていかなければならないといえます。

 

町内会との防犯パトロールの様子

 

ページの一番上に戻る