等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

ブログ 2017/09/27 08:04

―内心を重視するケアマネジメントを追求―

―内心を重視するケアマネジメントを追求―

 

等々力の家居宅支援事業所の佐々木です。

私は、介護保険制度以前の措置の時代から、施設介護と在宅介護を経験してきました。そこで目撃してきたのは、2000年4月にスタートした介護保険を契機として変化した介護の現場でした。目まぐるしく変わる制度に翻弄されながらも、「自立支援」や「個別ケア」に取り組み、アセスメントを重視するケアを目指そうとする現場の姿がありました。ただ同時に、物足りなさも感じていました。身体的ケアについての方法論はかなり確立してきましたが、アイデンティティ、個人の尊厳、社会的側面などのアセスメントやケアの方法論は、まだまだ未確立といえました。「その人らしさを支える」という言葉がいたるところで聞こえてきますが、その方法がわからなかったのです。そんなときに出会ったのが金井一薫氏のKOMI理論でした。

 

KOMI理論はナイチンゲール思想を基軸に看護と介護の実践論を統合したもので、私が求めていた内心的側面も重視するアプローチが体系化されていました。私は、KOMI理論を実践している現場で、内心面にも目を配り、「もてる力(ストレングス)を最大限に発揮できる援助」を追求・研究し、後に、現場職員と共にナイチンゲールの看護論を参考にオリジナルのアセスメントシートへと具体化することになりケアの根拠の強みを引き出すシート開発を目指しました。

 

≪Dementia Support2017掲載≫

 

ページの一番上に戻る