等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/09/06 08:03

~地域の課題を把握し、ニーズに向き合うことで、社会福祉法人が取り組むべきテーマを地域の中から発見する~

~地域の課題を把握し、ニーズに向き合うことで、

社会福祉法人が取り組むべきテーマを地域の中から発見する~
 

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木です。

等々力の家では全事業挙げて、料理教室の開催や防犯パートロール、地域合同防災訓練等を地域の方々と合同で実施しています。制度外の福祉サービス・活動として何を行うべきか、それぞれの地域で異なり、全国統一したテーマに取り組むというよりは、それぞれの地域において内発的にテーマを見出していくことが重要になると思います。まずは起きている課題を丁寧に把握し、ニーズに向き合い仮説を立てることで、社会福祉法人が取り組むべきテーマが見えてくると感じています。ニーズ発見のアンテナを高くし(共鳴できる仲間を増す)、既存の事業・活動の中から、あるいは地域の関係機関や他分野の組織との情報交換の中から、社協、社会福祉法人・福祉施設それぞれが、制度の狭間になっているニーズの発見、気づきを意図的・積極的に行うとともに、最も地域の実状をよく知る住民との連携が必要不可欠です。

 

     ≪料理教室の様子≫

 

 

ページの一番上に戻る