等々力の家居宅介護支援事業所
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家居宅介護支援事業所 > 最新情報

最新情報

お知らせ 2017/07/24 08:11

-相談援助実習(社会福祉士)受け入れに向けて-

-相談援助実習(社会福祉士)受け入れに向けて-

 

等々力の家居宅介護支援事業所の佐々木です。

先日、相談援助実習講習会に参加し、今年度下半期から当事業所では、居宅介護支援事業所としては先進的な取り組みとも云える「相談援助実習受け入れ」を実施していく運びとなり、専門学校から正式に実習受け入れ先(指定事業所)として選ばれ、受け入れていく事となりました。

 

実習受け入れで特に重要と思うこと!!!

 

①社会福祉の発展や貢献・職員の資質向上に寄与する!

職員の技術の向上に寄与しているということです。実習生を受け入れることで、職員のトレーニングの機会となり、相談援助実習の担当職員が職員へのスーパービジョンの力量や多職種間での職務調整を行う上でのマネジメントの力量を向上させることにつながります。これは社会福祉の発展や福祉サービス全体の向上に寄与するものであると考えます。

 

②次世代の後継者育成と人材確保に繋がる!

将来の福祉人材の育成という役割を果たしているという意義があります。人間の生活を支える人材になるには、福祉専門職に必要な知識に加え、対人関係を築くコミュニケーション能力、適切な相談援助技術、知識を身につける必要があります。そのため、現場での実践を通して、ケアや支援の技術や理念を実習生に伝える役割をもつ実習は、社会福祉士に必要な知識や技術を身につけ、就職や資格取得後の実践にとって重要だと考えます。

今後も受け入れ可能な範囲で積極的に受け入れていきたいと思います。

 

 

ページの一番上に戻る