等々力の家デイホーム
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家デイホーム > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/03/15 15:05

タカえもんのリハビリ日記127 「杖の高さは合っていますか?」

こんにちは。

等々力の家の理学療法士、タカえもんです。

今日は風が冷たかったですね。

わずかに小雨がぱらつくこともありましたが、

幸いにも買い物に出かける時には雨も上がっていました。

 

さて、今日は利用者様に杖の高さについて質問されました。

「私が使っているこの杖の高さ、うちの娘が『お母さんにはその杖の高さは低いんじゃないの』と言うんですけど、

どうですか?」

 

われわれ理学療法士は様々な杖の調節も行います。

諸説ありますが一般的な杖の高さ調節についてご説明します。

 

 

まず履きなれた靴を履いて立った状態で杖を持ってもらいます。

その際に杖の先を杖側の足の爪先から斜め前方に10~15cmほどの所に置いてもらいます。

この時に肘関節が約30度ほど曲がっているか、

杖の持つ部分が、大腿骨の上の方にある出っ張った固い大転子(だいてんし)という部分

(ちょうどズボンのポケット当たりの高さで、体表から触れる固い部分)

に位置していれば良いとされています。

 

 

1枚目のイラストの様に、

肘が伸びきったり、肩が少し上に上がっていたら、

適切な高さとは言えません。

 

もちろん、杖を持つ人の姿勢、腕の力などによって調節も必要です。

杖についてのご質問があれば、いつでもタカえもん、ぎわえもんにお聞きください。

 

以上、早く帰って娘とお風呂に入りたいタカえもんでした。

ページの一番上に戻る