等々力の家デイホーム
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家デイホーム > 最新情報

最新情報

活動報告 2017/09/20 15:42

タカえもんのリハビリ日記144 「骨盤と姿勢の話」

こんにちは。

等々力の家の理学療法士、タカえもんです。

 

私達が椅子に座る際には骨盤の特に坐骨と呼ばれる部分が身体を支えます。

下のイラストでは赤い部分が坐骨と呼ばれる部分です。

 

 

 

 

身体を支えてくれる骨盤ですが、正面から見ると丸みを帯びており、

骨盤を真横から見ると逆三角形の形をしています。

つまり骨盤はとても安定性が悪いのです。

下は椅子に座った人のイラストですが、骨盤を逆三角にして表しています。

みなさんは普段どちらの姿勢が多いですか?

 

 

理想的な姿勢は向かって左側の姿勢であることはお分かりだと思いますが、

意外に右側の姿勢で座っている方が多いのではないでしょうか。

前述したとおり、骨盤は色々な筋肉で支えてあげないと簡単に後方に倒れてしまいます。

しかし、例えば楽な姿勢(右側の姿勢)をしているとイラストの様に背中も丸くなってしまいます。

背中が丸くなると胸郭が狭まり、それに合わせて肺が小さくなって持久力が低下したり、

肩関節の動きも狭まってします。

(イラストのそれぞれの姿勢を真似し、万歳をしてみるとお分かりになると思います。)

 

みなさんがご存知の「良い姿勢」は、最初は苦労するかもしれませんが、

座りながらでも背中や骨盤の筋トレができると思って試してみてください。

 

以上、タカえもんでした。

 

 

ページの一番上に戻る