等々力の家ショートステイ
トップページ > 等々力の家 > 等々力の家ショートステイ > 最新情報

最新情報

お食事 2017/01/27 20:03

ノロウィルス研修を実施しました。

先週のことになりますが、食事でお世話になっている日清医療食品株式会社に講師をお願いして、
ノロウィルス対策の研修を実施しました。

ノロウィルスは感染力が強く、嘔吐物等の処理を誤ると、かえってウィルスを拡げてしまうことになりかねません。
このため、正しい処理の手順を知っておくことが大切になります。

研修の後半は、食物を嘔吐物に見立てて処理の手順を学習しました。
今年度の新卒者と、12月に配属されたEPA介護福祉士候補生が実技を行いました。


装備は、なんとなく準備してしまったのですが、ガウンが不織布ではウィルスが通ってしまうと、看護師からツッコミが入りました。
実際の処理の際は、気をつけましょう!

2人とも膝をついていない点に注目(膝をついてしまうと、膝が汚染されるので)

そして汚物や装備の処分方法も、大切です。


装備は内側が外側に来るように、丸めながら脱ぐ


ゴミ袋はふんわりさせたまま結ぶ。
(空気を抜くと、一緒にウィルスが舞い上がる危険があるそうです)

手袋とゴミ袋は、2枚がさねで用意して、最後に手袋の2枚目を外して、袋の2枚目を結びます。

ノロウィルスには塩素消毒が確実ですが、カーペット等をどうしても傷めたくない場合、スチームによる消毒も有効とのことです。
ノロウィルスは85℃以上・90秒以上の加熱で死ぬため、スチーマーやスチームアイロンをしっかりと当てることで、効果が期待できるそうです。

今回は、訪問介護ステーションの登録ヘルパーの皆さんも合わせて、約20名の大人数となりました。
施設全体で感染症の予防に取り組んでまいります!

ページの一番上に戻る